スポーツ>>スイミング・ダイビング
INDEX
・旅行
・健康
・グルメ
・すまい
・エンタテインメント
・ファッション
・スポーツ
・ペット
・クルマ
・ファイナンス
・法律
 
   
大人のための趣味と生活に役立つ情報サイトへの登録をお待ちしています!
また大人のための趣味と生活に役立つ情報サイトをお探しの方、ここで素敵なサイトを見つけてください!

株式会社 ジェイエスエス
ジェイエスエスは、スポーツを通じて地域の健康づくりに貢献しています。スイミングスクールをはじめ、テニススクール、フィットネスクラブなど、総合的なフィットネス事業を展開しています。


イトマンスイミングスクール 水泳、体操、フィットネスの総合スクール
実施クラスの詳細については各施設にお問い合わせください。
『イトマンスイミングスクール』とは「スイミングスクール」のみの施設です。



全国屋内プール情報”水夢王国”
国内外の年中使える屋内プールを2,200ヶ所以上掲載、その内1200ヶ所は利用者からのコメントがあります。また“スポーツとしての水泳”だけでなく中高年の方々が医者いらずでいきいき元気な“健康水泳”の場としても温水プールを様々な角度から分析掲載している。


全国のプール情報
当サイトは、流れるプールやウォータースライダーのあるウォーターパーク、年間を通して利用できる温水プールをはじめ、プールに関する様々な情報の提供を行っていきます。


フィットネス水着-競泳水着のモリススポーツ・オンラインショップ
男女スイムウエア、フィットネスアクセサリ、シューズを販売。


財団法人日本水泳連盟 公式ホームページ
財団法人日本水泳連盟の公式サイト。競技日程と記録、機関紙の抜粋記事などを掲載。


セントラルスポーツ
会員制フィットネスクラブ


ダイビング情報ホームページ
全国のダイビング情報を集めたホームページです。水中写真や水中マップ、現在の水温、透明度などの情報を提供しています。


ダイビング講習&ダイビングショップ情報−PADI
PADIジャパンウェブサイトでは、ダイビングの講習内容や全国のPADIダイビングショップ情報、最新のダイビングスポット情報等を提供しています。


スキューバダイビングと ダイビングツアーの総合情報サイト Marine-Web(マリンウェブ)
マリンウェブは、月刊「マリンダイビング」が提供するスキューバダイビングとダイビングツアーの総合情報サイトです。
国内は、 北は北海道、南は沖縄まで、海外はサイパン、グアムなど 約1000店に及ぶダイビングショップ、ダイビングスクールからの 情報とダイビングツアーを開催している130の旅行会社からスキューバダイビングに関する最新ニュースをどこよりも早く お届けしています。



Swimming View
競泳情報の総合サイト。主な大会の結果・成績、関連トピックス、五輪情報、アメリカ留学中のスイマーの連載企画、掲示板などを掲載。また読者参加型のオリンピック競泳応援ページも用意されるなど、競泳発展への熱い心意気を感じる。

Swimming jp
初心者から上中級者まで、それぞれの目的にあった水泳を学ぶことができる。詳細な説明に加え、ポイントはアニメーション動画を利用。水泳以外のスポーツにも通じる運動と健康に関する豆知識も掲載している。

ダイビングアウトレットでタイのダイビング
サムイ、プーケット、カオラック、ピピ島のほか、タイのダイブクルーズも扱っています。完全予約制の少人数制ダイビング。ビギナー〜ベテランまで対応。

SEASHORE DIVING
サイパンのダイビングツアーの案内等。


スキューバダイビングショップ ピュアリー・ダイビングスクール
東京都町田市に有るスキューバダイビングショップ ピュアリー・ダイビングスクールのウェブサイトです。

ダイビングツアー専門サイト/スキューバダイビング
ダイビングツアー専門/スキューバダイビング【沖縄・グアム・サイパン・パラオ・離島(石垣島・宮古島・与那国島・久米島)】を中心としたスキューバダイビングツアーを常時100コース以上掲載!全国主要都市発着の格安ダイビングツアーは、オーシャンズダイブにおまかせ!

Diver web
月刊誌『ダイバー』のサイト。ニュース、最新号の案内などのほか、リンク集やフリートークのコーナー等がある。

社団法人日本マスターズ水泳協会公式ページ
日本マスターズ水泳協会の公式ホームページです。大人になって大会に出場したいなら、ココで調べてみては。さまざまな大会が掲載されており、大会情報や協会への登録方法など、知りたい情報が満載です。

日本スイミングクラブ協会
国内のスイミングスクールやスイミングクラブの検索ができるサイトです。自宅や職場近くで本格的に水泳をしたい方はぜひ。エクササイズのプログラムのひとつとして取り入れてみてはどうですか?